FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

安中新田会所跡旧植田家住宅

Author:安中新田会所跡旧植田家住宅

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

AED講習会に行ってきました。

2012.10.04 16:27|未分類
旧植田家住宅にはAED(体外式除細動機)が備えられています。

121004-1.jpg

幸いなことに、今まで使用されたことはありませんが、いざというときに使えなければ何もなりません。
今回、AED講習会に参加できる機会を得ましたので、救急法といっしょにAEDの使い方を学んできました。

最初に、座学で八尾市の救急の状況を見ました。
救急車の数は6台。
思ったよりはるかに少なかったです。
そして、年間14,595回も出動するそうです。
その頻度はなんと36分に1回……
消防隊の皆様、本当にご苦労様です。

さて、肝心のAEDの使い方ですが
大事なことは、意識や呼吸がない人が倒れていたら「とりあえず使う」こと。
素人には心臓が正常に動いているかどうかはなかなか判断できません。
万が一の事態を考えて、まずは機械を使うということが大切だそうです。
あとは機械の判断を仰ぎつつ、冷静に対処して救急隊の到着を待つ、と。
冷静に、っていうのが一番難しいのかもしれませんが。

実は、2005年ごろにもAEDの講習会を受けたことがあるのですが、そのときとは微妙に心肺蘇生法のマニュアル(?)が変わっていました。
一番大きかったのは、できる自信がなければ人工呼吸を省略してもいいということでしょうか。
そういえば、人が目の前で倒れた時には、心臓マッサージ(胸骨圧迫)を続けたほうが蘇生率が高いとかいう話をテレビで聞いたような気がします。

何年かに1回はこういった講習を受けて、知識をアップデートしておかないといざというときに何もできな気がします。。
機械もいろいろな種類がありますし、訓練で慣れておかないとオタオタするだけになると実感した次第です。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

コメント:

非公開コメント