FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

安中新田会所跡旧植田家住宅

Author:安中新田会所跡旧植田家住宅

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

棗(ナツメ)の実

2012.09.15 16:52|未分類
旧植田家住宅の庭には、たくさんの植木があります。
その中には、いくつか実を付けるものもあります。

中でも、毎年たくさんの実ができるのが棗(なつめ)の木。
夏に芽が出るから「夏芽」とも書くらしいです。
120915-1.jpg 120915-2.jpg

庭木の中ではけっこう大きいほうなのですが、棗がここまで大きくなるのは珍しいという話も聞いたことがあります。
(今は上のほうが切られて低くなっています。)
よそで見たことないのでよくわかりませんが、普通はどれくらいの大きさなんでしょうか?
もっとも、あんまり大きくなると実を取るのが大変になりますが……(笑)

実は文字通り棗型で、一番大きなもので3~4センチくらい。
小さいのは2センチくらいで、熟すと赤くなります。
120915-3.jpg

(茶道で使う棗はこの実から名前がとられています)
生で食べるとりんごに似た味がしますが、食感はシャリシャリであまりよくありません(^^;)
枝には又のところに長くて硬いとげがあって、刺さるとかなり痛いです(T_T)

とはいえ、放っておいても虫に食われるだけなので、もったいない。
なので、旧植田家住宅では毎年実を取って乾燥させています。

120915-4.jpg

煮出してお茶にしたり、果実酒にしたりすると体にいいということですし。
ただ、漢方薬の大棗(たいそう)の実はもっと大きいような気がするので、種類が違うのかもしれません。
大きいものを選んでいるだけなのでしょうか?
詳しい方がいらっしゃったら教えてください。m(_ _)m

庭木には実のなるものを植えると縁起が悪いという俗信(?)もありますが、個人的にはやっぱり、実のなるものがあったほうが楽しいと思います(笑)



↓↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

コメント:

非公開コメント