FC2ブログ
08 | 2012/09 | 10
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

安中新田会所跡旧植田家住宅

Author:安中新田会所跡旧植田家住宅

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

信じちゃいけないキノコの俗信

2012.09.03 15:27|未分類
ここしばらく、旧植田家住宅の庭ではキノコが大量発生しています。
中にはこんな巨大な物まで……

120903-4.jpg
(靴のサイズは25.5cmです)

このキノコはどうやらオオシロカラカサタケみたいです。
残念ながら毒性があるので食べられません。
誤って食べる人がいると危険なので、早々に取り除きました。


種類はわかりませんが、ほかにはこんなのや

120903-1.jpg


こんなのが生えてました。

120903-3.jpg


このオレンジのキノコ、ものすごく毒々しいです。
間違っても食べようという気になりません(笑)


さて、食べられるキノコと食べられないキノコの見分け方の俗信はいろいろありますが、そのほとんどが間違っていると言われています。

代表的な物をあげると……

■柄が縦に裂けるものはOK
  ⇒ほとんどの毒キノコの柄も縦に裂けます

■地味な色のキノコはOK
  ⇒毒キノコのほとんどは地味な色をしています
   ベニテングタケの毒性が誇大に喧伝されたせいではないかと……

■虫が食べるキノコはOK
  ⇒毒キノコ食べても大丈夫な虫もいます

■乾燥させればOK
  ⇒乾燥では毒は抜けません

■塩漬にするとOK
  ⇒ほとんどの毒キノコで効果なし

などなど。

俗信と呼ばれるものの中には、科学的根拠もある正しいものもたくさんありますが、そのほとんどが経験によって得た知識を語り継いだものです。

国際日本文化研究センターの「怪異・妖怪伝承データベース」の検索ページで「俗信」を検索してみると、4658件の事例が見つかります。
おヒマな方はひとつづつ見てみると面白いかもしれません(笑)


これから秋になるとキノコ狩りに出かける方も多いと思いますが、

1.知らないキノコは食べない
2.迷ったら食べない
3.他人にあげない
(万が一の時、責任問題になるので)

が鉄則ではないかと思います。

キノコの知識が皆無な僕は、おとなしく売っているものを食べておきます(笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村