03 | 2018/04 | 05
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

安中新田会所跡旧植田家住宅

Author:安中新田会所跡旧植田家住宅

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧家で記念撮影~お雛はん~

2018.02.22 15:32|未分類
現在、ひっそりと開催中の「旧家で記念撮影~ひなまつり~」では、
~3/18まで、旧植田家住宅・座敷2で「お雛さん」を飾っています。

今ではあまりみられない豪華な七段飾りのお雛さんです。
ぜひ来館して一緒に記念撮影をどうぞ!

ちなみに、向かって右に男雛、左が女雛の「関西式」で飾っています。

180217ohinashan.jpg


スポンサーサイト

雪の植田家住宅

2018.02.12 09:09|未分類
いきなりの「雪見障子(ゆきみしょうじ)」からのぞむ庭の景色。
180212snow2.jpg

本日限りの風景です。
お出かけの際は、足元に注意してお越しください。

180212snow1.jpg

旧家で記念撮影~成人の日~

2018.01.07 15:44|未分類
明けましてあめでとうございます。

新成人のみなさま、
新年最初は伝統ある古民家の座敷や庭で記念撮影はいかがですか?

成人式の帰りや休日に、着物を着て家族や友人とぜひお立ち寄りください。

ちなみに新成人(平成9年4月2日~平成10年4月1日生まれ)は入館無料で
おみくじが引けます!

1月6日(土)~1月15日(月)まで実施中!

180106kinensatsuei_seijin.jpg

旧家で記念撮影~マンホールカード配布記念~

2017.12.15 09:24|イベント
12月9日(土)から八尾市でも配布が始まった「マンホールカード」

その記念として、土・日の配布場所になっています旧植田家住宅では、
「旧家で記念撮影~マンホールカード配布記念~」をひそかに実施中。

実施日は12月の土・日のみとなっています。
※12月23日(祝・土)は、おもちつき大会開催のため、午前~正午過ぎまでは実施しません。

なお、マンホールカードについては、八尾市のFacebookページ(広報やお)等をご覧ください。

171209manhole.jpg


☆マンホールカード配布場所・時間
【平 日】市役所西館2階 下水道経営企画課
      午前8時45分~午後5時15分(年末年始は除く)
【休 日】安中新田会所跡旧植田家住宅
      午前9時~午後5時(入館は4時30分まで、年末年始は除く)

12.10『新版八尾市史 近世史料編1』で読む植田家文書

2017.12.06 10:13|未分類
八尾市史編纂室×旧植田家住宅

『新版 八尾市史 近世史料編1』(平成29年10月第一回配本)収載の
植田家文書(もんじょ)を、
古文書の現場である安中新田会所跡旧植田家住宅で読み解きます。

◆植田家文書の紹介と解説
「村人の人生の節目と宗門人別改帳」 吉川 潤氏(市史近世部会員)
「村掟にみる村人の倹約生活」 仲田侑加氏(市史調査員)
◆総括
『近世史料編1』を刊行して―特色及び編集方針や使い方―
藪田 貫氏(兵庫県立歴史博物館館長・市史編纂委員・市史編集委員長)

参加者で、『新版八尾市史 近世史料編1』をお持ちの方は、持参してください。
 希望者は、当日購入できます(3,500円)。

<日 時> 平成29年12月10日(日)午後2~4時
<場 所> 安中新田会所跡旧植田家住宅・座敷  *駐車場はありません。
<参加費> 入館料のみ(一般250円、高校生・大学生120円)
        ※中学生以下・障がい者手帳等の所持者は無料
<定 員> 30名
<申込先> 安中新田会所跡旧植田家住宅(ホームページ等をご覧ください)
        電話・FAX・Eメールまたは施設窓口にて受付。
★平成29年12月1日(金)から申込順。定員に達するまで。
FAX・Eメールの場合は「イベント名・住所・氏名・電話番号・参加人数」を明記してください。
<問合先>  文化財課市史編纂室 電話072(924)-3038

yaoshishi2017.jpg








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。